目次 中級

音楽を知る

Know the music


ストリートダンスはHipHopの三大要素(現在は4大要素 - MC、DJ、ブレイクダンス、グラフィティ)の一つです。 HipHop - wiki参照

音楽が無ければ、ダンスは成り立ちません。それは皆が認知していることでしょう。

ですが、多くのストリートダンサー達は「ダンスが好き」または「ダンス界が好き」なのであって、「HipHop(音楽や他の要素)」をあまり深く知ろうとはしません。

「あのダンスチームの使ってた曲がかっこよかった。その曲が流れると踊りたくなる。」これはダンスをしていれば誰もが経験する感覚です。

好きなダンサーが使ってた曲だからかっこよく聞こえ、その曲を知る。ただし、聴いたことがあるだけで、「アーティストが誰で、誰がプロデューサーで、、」という所まで知ろうとする人は意外に少ないです。音楽を知る良いキッカケですので、そこまで調べることが大切です。

トップダンサーになるための条件としてダンスが上手であることは当たり前です。周りのダンサー達からもリスペクトを受けるためには、音楽を深く知ることも大切です。

筆者個人としてはむしろ、音楽を深く知る方が重要だと考えています。当時、筆者も音楽は聴いていても、アーティストや、DJ、トラックメイカー・プロデューサー達のことは知りませんでした。興味はストリートダンスが中心でした。

ある時、自分を育ててくれた先輩に指摘されました。

「ダンスは上手だと思うが、ただそれだけ」
「10ある内ダンスが9で音楽は1ぐらいしかない。それはダンスだけが好きなダンサーと同じ。俺はかっこいいとは思わない」

ひどく落ち込みましたが、それはすごく的を得ていたアドバイスでした。

それからというもの、週末になるとレコード店へ足を運んでは新譜をチェックしたり、(レコード店少なくなりましたが...現在ではAppleMusicなどでしょうか?)音楽の本を読んでみたり、アーティストや、自分が踊りたくなるトラックを作るプロデューサーを探してみたり、たくさん知らなかったことを勉強するようになりました。

音楽を深く知ることは、ダンスショーで使う音源、選曲にも影響します。ダンスを本当の意味で上手くなるためには、音楽を知る・聴くセンスも深めなければいけません。

ちなみに音楽は自分のお金を出して買う方が、不思議とアーティストやプロデューサーを覚えるのが早いです。自分に投資するつもりでたくさん音楽を聴くようにしましょう。

  • ポイント
  • ストリートダンスが好きなのは当然。ダンスは音楽から生まれたことを深く知ること。
  • ダンスだけが好きなダンサーは多い。その中から抜きん出るためには、他の要素が必要である。
  • 音楽を知るためには自分に投資するつもりでお金を使う。音楽を知ることはダンサーとしての深みが増す。

前へ 次へ