目次 中級

他のダンサーのスタイルを理解する

Respect other dancers’ style


ストリートダンスには同じジャンルでも幅広くスタイルが存在します。皆それぞれが「かっこいいと思うもの」をベースにダンスのショーをします。

よくありがちなのは、その内に自分とは違うスタイルのダンサーに興味を持たなくなることです。興味を持たないでいると、吸収するものがありません。

中級以上になると自分のスタイルを突き詰めることも重要ですが、自分とは違うスタイルのダンサーを理解することでダンサーとしての幅が広がります。 また、違うスタイルは一種の情報交換でもあります。「こんな考え方もある」ということを知るのは重要です。

このダンスチームがやりたいことは何なのか?何が伝わってくるのか?

など、他のダンスショーを見ながら感じることは良い勉強になります。

ストリートダンスのスタイルに「何が正しいのか」という答えはありません。皆それぞれが試行錯誤して、リスペクトし合い、好きなことを表現するのは素晴らしいことです。

  • ポイント
  • ダンス中級者以上になると、ある程度「好きなもの」が固まってくる。
  • 好きなものは自分のスタイルのベースになるが、他のスタイルにも興味を持ち、理解すること。
  • 他の人のダンスショーは上級者になっても参考になる。何が伝わってくるか感じること。

前へ 次へ